HOME

大正硝子とは?

近年、私たちが使っているガラス製品の多くは、透明度を追求するあまり余計な不純物を徹底的に取り除いて作られています。ガラスは無色透明が当たり前だと思っていませんか?
その昔、日本の「硝子」は専門の職人による手づくりでした。私たちは、この時代にあえて、手間も時間も人手もかかる「手づくり」にこだわり、昔ながらの製法を再現することで、「硝子」本来の美しさを甦らせました。
それは、伝統の技術を後世に残す目的とともに、淡く琥珀色に輝く大正硝子の美しさ、温かさを、もう一度皆さんに思い出していただきたいからです。


「風-KAZE-」ブランドの誕生

伝統の硝子と絵付け技術の融合

愛知県瀬戸市の工房では、熟練の画工師が一点一点ガラスに絵付けをしています。
ガラスの絵付けは、実は全国でも珍しく、透明がゆえに描いた絵には裏表がありません。180度回すと向こう側の柄が透けて見えるので、単に塗りつぶすだけでは塗筋が見えてしまうのです。


熟練の技だからこそできる、ごまかしの効かない作業です。
手づくりガラスの製法と、絵付け技術 ――、大正硝子を「商品」として流通させることで、この2つの伝統を絶やすことなく受け継いでいきたい、という願いが「風-kaze-」ブランドにはこめられています。
絵付けは、日本の四季をモチーフにしたものや、麦や蕎麦、竜胆、秋桜といった、シンプルだけれども身近で素朴な草花、鳥や金魚など。どこか懐かしさを感じる大正硝子に、一段と温かみを添えます。
お好きなモチーフの絵付けオーダーを承っております。贈答や記念に、いつまでもお手元で大切にしていただけますように。

お客様のセミオーダー作品をご紹介


※左右の矢印にマウスをあわせていただくと、サムネイル画像がスライドいたします。



記念品や大切な方への贈答に、一生モノの大正硝子をオーダーしませんか?

「セミオーダー」とは?:ベースとなる大正硝子をお選びいただき、お好きなモチーフを画工師が一つ一つ手描きします。
ガラスの形状からご要望にお応えするサービスではないため、完全オーダーでは無いという意味で「セミオーダー」としております。

描いた絵は高温にて焼き付けますので、丁寧に手入れしていただければ、一生モノとしてお使いいただけます。

記念品や大切な方々への贈答、また結婚式の引出物など承っております。ご注文をお受けしてから、ガラスそのものを職人が一点一点手造りしますため、お届けまで約2ヶ月程かかります。


世界に一つの絵付け大正ガラスをオーダーしよう!